早めの対応

マナーや発送のタイミング

結婚式の招待状は、式の2ヶ月前には発送しましょう。式が近くなってから発送すると、出欠の返信をもらうのに時間がかかるので、ゆっくり確認することが難しくなります。余裕を持って発送することで、確認に慌てることがありません。招待状の苗字や名前の間違いなど、ミスが無いようにチェックは怠らないことです。 招待状に平服でと添え書きすることがありますが、若い世代の方だと意味が分からず混乱してしまうこともあります。平服でと書くよりも、披露宴のスタイルを明記した方が分かりやすいです。 招待状の差出人名を親にするかどうか悩む人もいますが、明確に決められているわけではありません。どう言う結婚式をするかによって変わってきます。

アットホームな雰囲気を出すために

一家に一台はパソコンがあると言う状況になって、自分たちで結婚式の招待状を作ることが当たり前のようになっています。少し前までパソコンはあっても、デザインソフトが高価であるために、自分たちで作るのは少しハードルが高かったです。ですから、専門の業者に作成してもらうことがほとんどでした。しかし、現在では無料のデザインソフトが多くリリースされていて、気軽に素人でも作れるようになりました。 最近では、結婚式にアットホームな雰囲気を採り入れたいと言う人が増えました。アットホームな雰囲気を出すアイテムとして、手作りの招待状がトレンドになっています。招待状だけでなく、席次表やサンキューカードなども手作りで作ることが多いです。