招待状を作成

送る際に気をつける事とは

結婚式の招待状を送る際気を付ける事は、時期が挙げられます。参加するゲストにとって予定をしやすいタイミングが最適だと言えますので、早すぎても遅すぎてもあまり良い時期とは言えないようです。一般的に結婚式の招待状を送る時期としては約2カ月前と言われています。その為には2カ月前までに式場や披露宴の場所や予算、招待状を送るゲストをピックアップする必要があります。また2カ月前に招待状を送って返信が届き欠席の連絡の場合でも代わりのゲストを呼ぶ予定が立てやすくなるとされています。このような理由から招待状を送る時期は遅くても2カ月前が良く、返信はがきが戻ってくるのは約1カ月前という予定が理想的だと言われています。

ゲストに喜んでもらうには

招待したかった結婚式のゲストが欠席だった場合、改めて他のゲストを呼ぶ事が必要ですが人数合わせの為に呼ばれたと思われないようなフォローも必要だと言います。その時には招待状や一筆箋などに一言添えるか、こちらの手はずが遅れてしまい申し訳ございませんなどの連絡を入れる事が大切だそうです。また結婚式の招待状は式場のプランナーがアドバイスしてくれる事もありますが、自分たちで手づくりしたり他の店舗で購入して持ち込む際には会場の雰囲気に合ったデザインや季節に合うようなものを選ぶと良いでしょう。また結婚式のペーパーアイテムを選ぶ際は招待状や席次表や席札、メニュー表などのデザインを統一する事が多いとも言われています。